「勤務時間」カテゴリーアーカイブ

無理なく働けるクリニック

看護師が働く上で、勤務時間や働きやすさは重要なポイントです。特に日勤で無理なく働きたいと考える人にとって、クリニックでの勤務は魅力的な選択肢と言えます。

クリニックの勤務時間は、一般的に病院に比べて比較的規則的です。多くのクリニックが日勤のみのシフトを組んでおり、夜勤や交代勤務は少ない傾向にあります。これは看護師にとって、健康的な生活リズムを維持できるメリットでしょう。日中の勤務のため家族や趣味、プライベートを確保しやすいのも利点です。

クリニックは病院とは異なる雰囲気やスタイルがあります。クリニックは基本的に症例数が少なく、落ち着いた環境で患者と向き合うことが可能です。看護師は患者一人ひとりとじっくりコミュニケーションを図る時間を確保しやすく、より深いケアを提供できるでしょう。

また、症例数が少ない分一つの症例に対してより詳細な知識や技術を磨けるため、看護師としての成長を図れる環境と言えます。特定の領域で専門知識を深めたいと考える人は、クリニックはいい経験を積める場でしょう。

もちろん、デメリットがないわけではありません。例えば緊急のケースに対応することもありますが、病院と比べるとその頻度は低いです。そのため、緊急時の対応力や経験を積む機会が病院に比べて少ない点を考慮する必要があります。

クリニックは無理なく働きたい看護師にとって魅力的な選択肢です。規則的な勤務時間や落ち着いた環境、専門性の向上など多くのメリットがあります。ただし、緊急時の経験が少ないという点も留意しつつ、自分のライフスタイルやキャリアの方向性に合った働き方を選択することが大切です。

医療と労働環境

病院の看護師さんが帰るのはいつなのでしょうか。医療業界の労働環境について気になったりしませんか?
看護師さんというのは2交代制の病院と3交代制の病院があります。
2交代制では主に日勤と夜勤に分かれ時間は8:30~17:30・16:30~9:00。1時間だけかぶる時間があります。
3交代制では、8:30~17:30・16:30~25:30・0:30~9:00となっています。こちらもまた1時間だけかぶります。
その理由は、申し送りなどを行う時間と前の方がどのように仕事をしていたかを把握する時間なのです。貴重な1時間となります。1日の時間は皆平等に24時間なので2交代制の方が勤務時間は長いですよね。また、仮眠を2時間取ることができるのですが就業場所が小さな病院ではなく大きな総合病院となると次々と救急車で搬送されてくるためなかなか仮眠をとること自体が難しい状況になります。

2交代だと勤務時間が長く、3交代だと勤務時間が少ないがすぐにまた自分の番が回ってくるという問題がありますよ。実際に、8:30~17:30まで勤務でまた0:30~9:00まで勤務というシフトも少なくはない。その場合は、自宅に帰らずに仮眠室で仮眠をとる方も大勢居ます。後は、どちらの方が自分に向いているかという所で決めるのが重要。医療業界の労働環境はとても厳しいものがあります。

転職を視野に入れていましたが、一旦退職し主婦業についています。今後、看護師として長く勤務すると思うので自分にとってベストな勤務時間をしっかり考えたいと思います。ブランク明けでも安心して就業できるような病院を探し、転職してまた看護師として活躍する日を楽しみに主婦業を頑張ります。